1. オオミヤのロレックス
  2. ヨットマスター コレクション
ヨットマスター コレクション

ロレックス ヨットマスター

海の時計

高性能の実現のために厳選された素材と完璧なデザイン性を併せ持つロレックス ヨットマスターとヨットマスターⅡは、セーラーのスピリットを体現する。これらのモデルは、1950年代以来のロレックスとセーリングの世界との絆における豊かな伝統からインスピレーションを得て誕生。ヨットマスターは機能性とスタイルの融合を実現し、ヨットレース用レガッタ クロノグラフであるヨットマスターⅡはロレックスが誇る技術を結集して製造された。

進路を定める

ロレックス ヨットマスターⅡ スタイル

ヨットマスターⅡはプロセーラーたちの要望に応えて設計された。このレガッタクロノグラフは、世界初の機械式メモリーを備えたプログラム可能なカウントダウン機能を有しており、この機能によりヨットレースを左右するスタート時に正確なシンクロナイゼーションを行うことができる。ヨットマスターⅡのデザインは、技術とエレガンス、性能を併せ持ち、海を知り尽くすマキシヨットに着想を得ている。そのラインは滑らかで機能的であり、プッシャーはレガッタ用ヨットのウィンチを示唆する。ベゼルにはヨットマスターⅡのモデル名が、船体に刻まれたボートの名称のように表示されている。レガッタのカウントダウンをセットする機能を持つ回転式リングコマンドベゼルは、ヨットの舵輪を彷彿させる。

ロレックス ヨットマスターⅡ

瞬時のシンクロナイゼーション

ロレックス ヨットマスターⅡの特徴

スピードを競う他の競技と同様、レガッタも精確さが鍵を握る。ヨットマスターⅡには今までにない機械的機能が搭載されており、1分から10分間までにプログラムできるカウントダウンによって、スキッパーは各レースによって異なる公式スタートルールに従い、精確に時間を計測することができる。この柔軟性がヨットマスターⅡの大きな利点のひとつであり、その機構の開発は極めて難しいものだった。ロレックスの技術者はこの複雑機構の開発に35,000時間をも費やした。 プログラムは機械的に記憶させることができ、さらにカウントダウンをスタートさせた後に、公式カウントダウンに同期させることもできる。

リングコマンドベゼル

ロレックス ヨットマスターⅡ スタイル

べゼルの目的と機能を再定義することで、ロレックスは、ヨットマスターⅡのベゼルの開発に成功した。通常、時計のベゼルは内部メカニズムと独立して機能する。しかし、ヨットマスターⅡ レガッタ クロノグラフのリングコマンドベゼルは、内部メカニズムと連動。ムーブメントと連動した機構のひとつとして、文字通り、プログラム可能なカウントダウン機能の重要な役割を果たす。精巧なデザインとシンプルな操作性を両立し、機能美を極めた腕時計がここに完成した。

ロレックス ヨットマスターⅡ

ヨットマスター スタイル

ロレックス ヨットマスター

現代的でスポーティー、気品あふれるオイスター パーペチュアル ヨットマスターは1950年代から始まるロレックスとセーリング界との特別な絆の象徴である。40mm、37mmと2つのサイズが揃った、唯一のオイスター プロフェッショナルモデルだ。

ヨットマスター

両方向回転べゼル

ロレックス ヨットマスターの特徴

ヨットマスターの60分目盛り入り両方向回転ベゼルは、ブラック セラミック製のセラクロム インサート、18ctイエローゴールドまたは950プラチナ製である。サンドブラスト仕上げのマット地に、レイズド仕上げの数字と目盛りが際立つ。2つのブイの間のセーリング時間などが計測できる機能的なベゼルが、このモデルの大きな個性となっている。

オイスターフレックス ブレスレット

ロレックス ヨットマスターの特徴

ロレックスが開発・特許を取得したヨットマスターの新しいオイスターフレックス ブレスレットは、メタル ブレスレットとは異なる魅力を放つ。ブレスレットは柔軟性のあるチタン・ニッケル合金製ブレードで、時計のケースとセーフティクラスプ付きオイスターロックに接続されている。このブレードは環境からの影響を受けにくく、極めて耐久性に優れる高性能ブラックエラストマーで覆われている。装着感を高めるために、オイスターフレックス ブレスレットの内部には特許を取得した縦方向クッションシステムが備わっており、時計を手首で安定させる。ブレスレットには 18 ct エバーローズゴールドのセーフティクラスプ付きオイスターロックが搭載されている。

ヨットマスター
ロレックス ヨットマスターを体験する

ロレックス ヨットマスターを体験する

正規品販売店のサービス